商品一覧

  • 2001年、熱帯林の現状~インドネシア、マレーシアの事例~
    2001年、熱帯林の現状~インドネシア、マレーシアの事例~
    500円
    熱帯林の最新状況をインドネシアとマレーシアについてまとめ、改めて国内における熱帯材消費に関する取り組みの必要性を訴えたものです。
    特に、インドネシアで急増している違法伐採の実態を、いくつかの国立公園の例をあげて紹介しています。
    マレーシアの先住民族プナン人の闘いや、日本の熱帯木材貿易の歴史と現状についても説明しています。
    (2001年7月発行、B5版36ページ+口絵2ページ)
  • 2012年度版 JATAN 森林白書
    2012年度版 JATAN 森林白書
    1,000円
    世界の森とわたしたち ─今 世界の森林がどうなっているか
    改訂第3 版

    昨年は国連が定める「国際森林年」でした。そのためか新聞などのメディアでも「持続可能な森林経営」、「森林認証」といった言葉を目にする機会が増えたような気がします。また一方で、CSR(企業の社会的責任)の一環から森づくりや植林活動を行っている企業は少なくありません。

    「森林」が《木々が集まって生育している場所》という謂いにとどまらずに、さまざまに社会的、経済的、政治的な含意を担わされて使われるようになってきました。これはある意味で、《本物》の森林がますます普段の生活からかけ離れた存在になってきたことの証左なのかもしれません。

    JATANでは、森から直接的な恩恵を受けている先住民、伐採の脅威にさらされている地域の住民の視点になるべく近づいて「森林」を再定義したいと考えてきました。この小冊子はそうした試みのひとつです。1994年に出版した「世界の森とわたしたち 」から数えて第3版にあたるものですが、上述の意気込みを込めて「森林白書」というタイトルを掲げました。

    「森林白書」といえばFAOの「世界森林白書(The State of the World’s Forest)」、林野庁の「森林・林業白書」を連想されると思いますが、JATANの「森林白書」では林産業界や行政とは異なる視点から世界で起こっている森林問題の現況に迫りたいと思っています。みなさんからコメントや情報などをお寄せください。
  • JATAN NEWS No.100/101 合併記念号
    JATAN NEWS No.100/101 合併記念号
    400円
    ■サラワクのダム開発

    ■変わりゆく狩猟採集民族 オランリンバ(後篇)

    ■インドネシアのアブラヤシ農園における労働問題

    ■日本でいちばん売られているコピー用紙の原料調達地

    ■JATANの過去5年の活動による成果
  • JATAN NEWS No.50
    JATAN NEWS No.50
    400円
    ■熱帯林アンケート結果報告

    ■業界に熱帯林の保全に向けた取り組みを要望

    ■「木材貿易と森林」HP解説のお知らせ

    ■森林に関する国際会議で新たな展開

    ■誰がオーストラリアの原生林を破壊しているのか

    ■カリマンタンの違法伐採

    ■森林・木材関連ニュース

    ■世界の森林入門コーナー
  • JATAN NEWS No.51
    JATAN NEWS No.51
    400円
    ■特集 ~紙と森林伐採~

    ■オーストラリアで続くオールドグロス林の伐採

    ■オーストラリアの原生林伐採に対して緊急署名活動を実施!

    ■紙と森林伐採に関するQ&A

    ■オフィスで森林活動!キャンペーン

    ■森林認証製品の利用を促進する企業グループが発足

    ■森林・木材関連ニュース

    ■会員・ボランティアからの投稿コーナー

    ■国連森林フォーラムにほとんど希望なし

    ■世界の森林問題入門コーナー
  • JATAN NEWS No.52
    JATAN NEWS No.52
    400円
    ■森林シンポジウムを開催!

    ■生物多様性条約第6回締結国会議の結果

    ■世界の森林問題入門コーナー

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.53
    JATAN NEWS No.53
    400円
    ■熱帯林破壊に様々な木材需要の影

    ■インドネシア・日本二国間NGO会合を開催

    ■森林・木材関連ニュース

    ■世界の森林問題入門コーナー
  • JATAN NEWS No.54
    JATAN NEWS No.54
    400円
    ■違法材・原生林材不使用キャンペーン

    ■全木連主催、森林違法伐採シンポジウムを聞いて

    ■最近の木製家具をめぐる状況

    ■森林・木材関連ニュース

    ■具体的な行動の見えないアジア森林パートナーシップ

    ■世界の森林問題入門コーナー
  • JATAN NEWS No.55
    JATAN NEWS No.55
    400円
    ■APP社によるアカシア植林と地域住民との対立

    ■APP社およびエイプリル社製品の市場調査のお願い

    ■インドネシアからの違法伐採で利益をあげるマレーシアとシンガポール

    ■世界の森林入門コーナー〈8〉

    ■インドネシア関連ニュース

    ■タスマニア、ルーカストン―原生林伐採計画に揺れる町

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.56
    JATAN NEWS No.56
    400円
    ■インドネシアと違法伐採対策のための共同発表に署名

    ■熱帯林破壊たっぷりのコピー用紙 お使いになりますか?

    ■リコーが紙製品に関する原生林等の保護規定を制定

    ■大手木材製紙企業、インドネシア材の不使用を発表

    ■森林・木材関連ニュース

    ■会員からのお便り

    ■世界の森林入門コーナー〈9〉

    ■合板の今
  • JATAN NEWS No.57
    JATAN NEWS No.57
    400円
    ■インドネシアの合板会社と違法伐採への関与

    ■インドネシアが、違法伐採につながっている

    ■マレーシアの木材製品を拒否するようEUに依頼

    ■ボイジ・カスケード社が新たな環境基準を策定

    ■日本製紙、天然林の伐採を今後5年間続ける行動指針を発表

    ■インドネシア、ボルネオ島のクリスマス

    ■タスマニアの森林伐採を紹介するホームページのお知らせ

    ■投稿コーナー・大学生のひと夏

    ■世界の森林入門コーナー〈11〉

    ■森林・木材関連ニュース

    ■会員からのお便り
  • JATAN NEWS No.58
    JATAN NEWS No.58
    400円
    ■シンポジウムを開催!森林環境に配慮した木材調達の進め方

    ■インドネシアの洪水で高まる違法伐採への非難

    ■バホロの洪水と違法伐採との関連が明らかに

    ■タスマニアの産業植林が必要とする毒物―“1080”

    ■お知らせ

    ■世界の森林入門コーナー〈12〉

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.59
    JATAN NEWS No.59
    400円
    ■北米における木材調達方針の現状(後編)

    ■会員からのお便り

    ■世界の森林問題ニュース 「SFIを買うな」キャンペーン

    ■インドネシアの合板会社と違法伐採への関与(後編)

    ■世界の森について英語で話そう!

    ■ツーリズムか、木材チップ産業か
     ―連邦総選挙を控えるなかで注目されるタスマニアの原生林伐採問題―

    ■森林・木材関連ニュース

    ■連続勉強会のお知らせ
  • JATAN NEWS No.60
    JATAN NEWS No.60
    400円
    ■タスマニア原生林保護基金の支援先決定!

    ■【報告】欧州で進む違法伐採対策

    ■欧州で中心的役割を演じるNGO

    ■世界の森について英語で話そう!PART2

    ■【写真】今も続くインドネシアの熱帯林皆伐

    ■危機去らぬスマトラ島テッソ・ニロの森

    ■Endangered Forestとは何か?

    ■世界の森林問題ニュース 低い基準が森林認証制度の信頼性を失わせる

    ■会員からのお便り

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.61
    JATAN NEWS No.61
    400円
    ■「森林生態系に配慮した紙調達に関するNGO共同提言」を発表

    ■キャノン・富士ゼロックスがコピー用紙の調達基準を策定

    ■タスマニアにおける最初のFSC認証取得

    ■会員からのお便り

    ■熱帯林の先住民族を訪ねて

    ■手書きキャンペーン・インドネシアの紙製品~第1弾その後~

    ■世界の森林ニュース・グローバル化に向けた中国製紙業界の再編成

    ■日本が輸入するインドネシア合板が違法材を原料としている実態を明らかに

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.62
    JATAN NEWS No.62
    400円
    ■JATANはこの3年間何をしてきたか?~「環境NGOと市民の集い」発表より

    ■スマトラ沖地震支援のお願い

    ■カナダの雑誌が原生林不使用へ

    ■世界の森林問題ニュース

    ■世界の森林について英語で話そう!PART4

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.63
    JATAN NEWS No.63
    400円
    ■日本政府、輸入国としての違法材対策を構築へ

    ■アメリカ南部の科学者から批判を受ける

    ■JATANを紹介する新しいリーフレットができました

    ■手紙書きキャンペーン~オーストラリアの製紙用伐採~

    ■イオン社がペーパーワンの取り扱いを中止

    ■世界の森林問題ニュース

    ■ホームセンターに行ってみよう!~その1~

    ■世界の森林について英語で話そう!PART6

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.64
    JATAN NEWS No.64
    400円
    ■森林生態系に配慮した紙製品の調達に関するアンケートを実施

    ■供給会社で進む紙に関する調達方針の策定

    ■日本製紙グループの原材料調達に関する「理念と基本方針(案)」への意見・要望

    ■私たちにもできる熱帯林保護活動・会員からの報告

    ■「タスマニア原生林(TOG)保護基金」支援活動報告

    ■タスマニア原生林(TOG)保護基金会計報告

    ■スマトラ沖地震支援会計報告

    ■連邦政府、州政府がタスマニア新規森林保護政策を発表

    ■世界の森林について英語で話そう!PART7

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.65
    JATAN NEWS No.65
    400円
    ■グリーン購入ネットワークが印刷・情報用紙ガイドラインを改定

    ■コラム・インドネシアの新たな工場計画への融資は中止! しかし

    ■森林生態系に配慮した紙製品の調達に関する検討会を開催

    ■世界の森林について英語で話そう!PART8

    ■「タスマニア原生林(TOG)保護基金」支援活動報告(その2)

    ■より深刻な影響をもたらす泥炭湿地帯の森林伐採

    ■森林・木材関連ニュース
  • JATAN NEWS No.66
    JATAN NEWS No.66
    400円
    ■森林生態系に配慮した木材調達に関するNGO共同提言を発表

    ■ガンズ社が大規模パルプ工場建設を計画

    ■「タスマニア原生林(TOG)保護基金」支援活動報告(その3)

    ■世界の森林について英語で話そう!PART9

    ■会員から

    ■手紙書きキャンペーン・インドネシアの紙製品~第2弾

    ■グリーン購入法における違法伐採木材対策に関する声明を発表

    ■拡大する森林認証は信頼できるものなのか

    ■森林・木材関連ニュース

(全商品 : 65点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索